LOG IN

忘れる幸せ

by ありさA.risa

【忘れる幸せ】って聞くと
悪い事を早く忘れる様にと
言ってると思われますが…

違います。

【忘れる幸せ】とは

まず良い事も悪い事も
すぐに忘れる事。


 これが幸せなんです。

えっ?!
悪い事はわかるけど
良い事も忘れた方が良いのは
おかしくない?
と思ったんじゃないですか?

いいえ。
良い事も忘れる方が良いんですよ。

良い事と言うのも悪い事との比較に過ぎないからなんです。

例えば、大好きな優しい恋人との
楽しい時間を過ごして
心から幸せや喜びを感じて
そのお相手の愛情に感謝する。

そこまではとても幸せで良いのですが
ただ【楽しかった】と言う思い出に
すがりついてばかりいては
次にお相手がちょっと冷たい態度をとられただけで
以前は優しかったのに、なんで?
と言う【不満】が生まれます。

こう言う経験ありますよね?

元々、冷たい人であれば
何とも思わなかったはずなのに

【良い事】への執着が
【嫌いな事】や【不安】を
生み出す原因となってしまったのです。

これで良い事も忘れる方が良いと言う事が何となくでもわかって貰えたらのじゃ
ないかなと思います。


そして
【この幸せがいつまでも続けば良い】
とよく思っちゃいますよね。

これは本当にその幸せに感謝している事にはならないんじゃないでしょうか。

【良い事】はその場かぎりの幸せにすぎないんだと理解して
その瞬間瞬間を喜んで【今を生きる】事が良いんじゃないでしょうか。

そして、やっぱり人生は好きな事や楽な事だけをして生きていくと言う訳にはいかないですよね。

いつまでも若くて健康で
美味しい物ばかりを食べれて
好きな人ばかりに囲まれて毎日遊んで暮らせて…
とそんな風に思うかもしれませんが

【良い事】も
それが当たり前になってしまえば
有り難みも無くなり
更にもっと大きな欲求に
悩まされるだけの事になります。

楽しい事もたまに楽しいから最高に楽しめるんです。

美味しい物もたまに食べるからとっても美味しく思えるんです。

良い事もたまにあるから有り難いんです。

これで幸せが続く事が幸せではない。
良い事が続く事も良い事にならない。
と言う事がわかって頂けたんじゃないかなと思います。

嬉しく楽しい事も嫌な事も
その瞬間に心イッパイで感じ
過ぎ去った後には何も残さず忘れる。

風が胸の中を吹き抜けていく様なイメージをしてみて下さい。

ただそのままに受け入れ、そして手放すだけ。

もし、忘れられず思い出したりで
心が惑わされた時は

手を叩いてみたり
大きく深呼吸をしたり
自分なりの
【心から払いのけて忘れる技】を決めておくのも良いですよ。

その技を行った後は
いっさい気にしない!
忘れてしまう!事です。

最初は中々難しい事ですが
繰り返す事で楽になる自分を感じれる様になると思います。

生きていれば、悲しい事や不愉快な事が起こるのは、避けられません。

でも、それを心に残さず
忘れる事で心穏やかに過ごせる様になるんじゃないでしょうか。

それでも苦しい時は占いや相談出来る人に頼ってみましょう。

もっと心軽やかに生きましょうよ。


ありさA.risa
OTHER SNAPS