LOG IN

お金を頂くと言う事

by ありさA.risa

私は数年前までは
今みたいに絵の販売はしてなくて…
でもどうしてもと言って下さる方には
プレゼントして
かたくなに【売らない!】と言う形を
貫いてた。

実際、好きで描いた作品は
自分の子供と同じで、可愛い!
ホントに気に入れば入るほど
やっぱり手放したくないよね

それをお金で子供を売るなんて!
あかん!みたいにね~。

それを何で販売するようになったか!

結局描いた作品は飾る訳でもなく
しまい込んでるねよね。
日の目を見ないってヤツ?

その内にあんなに大事やと思ってたのに
忘れてるのよ⤵

酷い母親やわ⤵ 

だったら気に入って欲しいと求めて
くれる人の所へ行く方が幸せよ✨
ホントに!
て、気付いたのと…

神戸の北野の異人館の中にGIGIって
アートサロンがあるの。
昔から言う【画廊喫茶】って所。

http://pjt033.wixsite.com/gigi

そこのオーナーでもある私の大好きな
美術家の凛先生って、ホントにお洒落で
素晴らしい先生がいらっしゃるんだけど

そこでart paletって言う、色んなartistが集まるイベントが以前はあって
それに私も毎月ライブペイントをさせて貰ってたの。

ライブペイントってのは
でっかいイーゼルを通りに出して
短時間で即興で皆の前で
絵を描くって言うアレ。

で、ある日…
描き終わった後で、見てた人から
その絵が欲しい。売って貰えないか?
と言われた訳…

でね、私は良いですよ~って
イーゼルからパッと外してあげたの。
勿論、プレゼント!だから無料で。

 

後で凛先生に教えられた。

作品を欲しいと言われたら
直ぐに値段を付けて売る。
それが絵描き。無料であげると
最初は欲しかったから嬉しいだろけど
結局はただで貰った物だから愛着もない
最後はタンスの肥やしになるだけ。
お金を払って手に入れた物とは全く違うから。

言われたら…ホントにそう。

自分の絵なら大事にしてやれと言う事。
大切に扱って貰えるようにと考えるなら
安易に持って帰れない値段をキチンと
付けないとダメと言う事なのよね。

で、それからはキチンと値段を付けて
それでも欲しいと思ってくださる方に
お渡しする形をとるようになった訳なんです。
あれから何十枚…

実はお金ってね…
情報なんです。

絵と言う物は…
その絵を気に入ったり
絵から何かを感じた人にとっては…
視覚や心に安らぎや…
良く言う心の栄養と言う
【情報を与えて】います。

情報は循環しないと
途絶えてしまうんです。

だから【与えたら】【頂く】と言う
物々交換なんですよね。


これは私の占いの師に教えて頂きました。

お金を頂くと言う事は
この宇宙で生きていく上で
とっても大切な仕組みなんですよね。


ありさA.risa
OTHER SNAPS