LOG IN

それは永遠に続かない

もしあの時○○していたら…

長い人生を私たちは一つ一つ 自分で選択して歩いてきています。 その時その時のいくつかの選択肢を どれを選ぶのか一生懸命悩んで決めて 今日まで歩んできてるのです。 今が辛いと人は昔を思い出して 【もしあの時○○していたら】 その時の自分の選択した事と 違うことを選んでいたら どうだっただろ? なんて事を思ったりします。 そんな風に過去の自分の人生の

根拠なき自信

何故か出来る気がしてしょうがない。 そんな時ってない? この何の根拠もない自信って 一体なんだろうね 人の事って良くみえるのに… 自分の事になると 全然先が読めないし 計算や計画や そんなもの何にも出来ないしね。 で、現実的に考えると アカン… アカンアカン!て 確実性がない事は 生活がある限りしてはいけない!てね。 …わかってるのに… 気持ちはどっ

星に願いを

縁ある二人は逢える… そう信じる七夕の夜だよ 地上に舞い降りた織姫よ… 今、笑っているの…? それとも一人で 揺れる心を耐えてるの… どんな悲しい雨の七夕だって 忘れないで 雲の上はいつも晴れでしょ 変わらず天ノ川は流れてる エネルギーの根底で 愛する人とは必ず繋がってる それは、まだ見えない その人ともだよ だから… どんな逢い方をするか どんな出逢

傷付く勇気

誰かに愛されたい そう願いながら 私達は生きている。    でもね… 本当はね…   愛されたいと願う以上に 誰かを真っ直ぐ愛したい。 誰かを思いっきり愛したい。 という願いの方が大きいんだよ。   感じる幸せも そっちの方が大きいの。   そして その願いはね 傷付きたくない! から 傷付いても良い! て変えた瞬間から 叶うんだよ。 自分が傷付かなくて済む お相